2009年12月24日

魅惑のブランドの数々

魅惑のブランドの数々

久しぶりにこっちのブログに戻ってきた。

で、一応ブランド関係のお話を書きたいんだけど、
個人的な感想としては、
2008年はどちらかというと、デザイン重視な感じでした。

悪く言えば、消費者の気持ちを軽視した商品開発が多かったなと。
よく言えば、各社デザイン性の向上にしのぎを削っていて、
それはそれで斬新なものも多く、見ていて楽しかったです。

が、2009年。
もう一度原点回帰というか、
初心に戻って、実用性はどうか?
といった部分が見直された感があります。

お客さんって、そんなに斬新なモノって求めちゃいないんですね。
フツーでもいいんですw

ちょっとばかし個性が光って、
そして、品質が良くって長く使える。
もっと言えば、ある程度お得な商品であれば尚嬉しい。

そんな感じなのかなぁと。

2010年。

一部のブランドメーカーは既に2010年の新作を発表し始めているみたいです。

それらを見てみると、
やっぱり2010年は2009年の流れを多分に汲んでいるなぁと思います。

どうやって実用面とデザイン面のバランスを摂っていくのか?
難しいですよねぇw

既にファン化してくれている顧客層からしたら、
かわり映えのない商品を発表されても褪めちゃうでしょ?

去年と一緒じゃんじゃぁマズいでしょう。

かといって、デザイン面で凝り過ぎると、
新規顧客を獲得できない。

って、こんなに単純な話だとも思いませんがw
2010年はもう少しデザイン重視になりそうな気がしますね。

2009年は、イマイチ消費者受けする商品が多くなかった気がします。
ベタ過ぎたのかな?

難しいなぁw
posted by ブランド at 17:14 | Comment(0) | ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。